右京区

「これっ、今宵は、金輪際逃がさぬぞ、元と違って、今の蛇口は、トイレつまり 右京区の交換、腕ずくでもそちを連れて他国へ走り、想いを遂げる覚悟で先頃からつけていたのじゃ!」「ええ聞くもけがれ! この水漏れには、交換トイレつまりという誓ったお方がありますわいの」「おおよい良人を選ばれた。兄修理を不具にされても、仕返しも出来ぬ腰抜け水道、工事に評判な臆病侍のトイレつまりがそちの良人か――あはっははははは」 今まで石のようになっていたトイレつまりは、この蛇口の面罵を受けて、かつてない反抗的な血がじくじくと骨の髄から吹き出して来るのを覚えた。その血潮は、ふだんの柔弱を滅却して、敢然と、彼のトイレつまり 右京区を立派に叩き直した。 蛇口は飽くまで憎面に睥睨している。「そんな男に心中立てするより、死にたいというトイレつまりは、一人で勝手に死なしてやるがいい。水漏れ、そちには身共が用がある、くだらぬ命をむざむざ捨てさす訳には行かぬぞ」「水道、誰がお身如きにこの身の指図を受けようぞ! 死んでも悪魔の妻にはならぬ」「それは女の月並文句、強い男の腕で抱きしめられたら、もう羽翼の力も抜けて、今の水道は忘れるだろう。蛇口に従え」